人気ランキング入り高橋3年手帳の書き方!仕事に役立つ使い方活用術

今回は手帳の人気ランキングにも入っている、
三年手帳を使った日記の書き方で、
脳が活性化するという手帳術を紹介します。

突然ですが、昨日の晩ご飯、
何を食べたか瞬時に思い出せますか?
人間は記憶した内容の75%を一日後には忘れます。

心理学者ヘルマン・エビングハウスの忘却曲線によると

20分後には、42%、
1時間後には、56%、
1日後には、75%、

を忘れていたというデータがあります。

日記帳

しかし、
不思議な事に、一日の出来事のうち、
何か一つでも思い出せると、かなりの出来事を思い出す事が出来ます。

実は、忘れるという事は、脳の記憶から完全に消去される訳ではなく、
脳みそが「覚えていても意味がない」と判断して、
記憶の奥底へとしまいこんでいるだけなのです。

何かのきっかけで、突然ひらめいたり、
思い出したりした経験は誰もがあると思います。

情報は脳の中に、
記憶としては永久に保存しているのです。

日々の記録を残し、潜在意識の中に定着させることによって、
突然のひらめきや、記憶の連鎖が偶然ではなく、
起こるべくして起こるようになるのです。

自分で記録の内容をはっきりと覚えていなくても、
無意識の中の意識はしっかりと覚えているからです。

 
脳の記憶の中に眠っている大量の情報を蘇らせる為には、
効果的なインプットとアウトプットが必要です。

記録を情報として、取り出しやすくするには
どのようにして潜在意識の中に定着させるのか、

僕が実際にやってみて目に見える効果が現れた
使えるテクニックを紹介していこうと思います。

高橋の三年手帳を選んだ3つの理由

なぜ数ある手帳の中で、これを選ぶのか。
もったいぶらずに、一気に書いてしまいます。

  • 1ページで3年分の記録が一目で見る事が出来る。
  • 書き込めるスペースが多すぎず、少なすぎず、適度な行数。
  • 大きさ(A5判)・厚さ(2cm)・重さ(500g)と持ち運びも出来る。

この理由は、じっくりと解説していきたいと思います。

まず、記憶を潜在意識に定着させる為に、
日記を書く事にしたのですが。。。。

なんせ活字嫌いの過去を持つ僕が、
日記なんか、長続きする筈がありません(笑)

そこで、
日記ではなく、毎日記入する項目を決めて、
行動記録として手帳につけることにしました。

書く項目が決まってるなら、
1日1ページの手帳では、書くスペースが余り過ぎます。

中身がスカスカの手帳も、
書くモチベーションが下がりそうだったので、
程よいスペースの三年手帳を選びました。

1ページで、三年分の一日を見る事が出来ます。
どういうことかと言いますと。

三年手帳

同様に、5年手帳もありましたが、
書き込めるスペースが少なすぎたので、却下しました。

この、一日に書き込めるスペースに限りがある、
という部分が、結果的にとても重要なポイントでもありました。

 
画像のページだと、6月26日の
2013年、2014年、2015年というように、
1ページで3年分の一日を見る事が出来ます。

一年間、頑張って書き続ける事が出来たら、
翌年には、昨年の今日という日に、
自分が何をしていたのかを確認する事が出来ます。
もちろん、ちゃんと書いていればの話ですが(笑

実際に体感すればわかりますが、
自分がちょうど一年前に
何を考え、何をしていたかがわかる。

というのは、
自分の現状を現実的に直視する事が出来ます。

 
さて、
この少ない限られたスペースに何を書き込むかが、
今後の人生を大きく左右する事になります。

僕が毎日書き込んでいる項目は

  1. 自分は今日、何をやったのか
  2. 自分は今日、どんな情報を得たのか
  3. 自分は今日、どんな体験をしたのか
  4. 自分にとって、今日という日はどんな意味があったか

という内容を記録しています。

書き始めた頃は必死になって書く事を考えて絞り出していましたが(笑
慣れてくると不思議と、書ける事が多くなって来て、
何を選ぶかを考えるようになりました。

書けるスペースが限られているため、
『厳選する為に考える』事が、とても重要で、
自分にとって何が大事なのかを明確にしてくれます。

そして、
書こうかどうか迷った内容や、書きこぼれた内容は、
毎月の終わりにあるmemoページにしっかり書き溜めます。

 
五分です。
たった五分、あれば出来ます。

高橋の手帳

僕はいろんな事に対して曖昧だったものが、
こうやって記録を残す事によって、
視界が展けるようにスッキリしました。

自分の感じていること、考えている事、
やりたいことや、やるべき事などが明確になり、
自分自身が過ごす時間に対しての意識が変わるのを
体感する事が出来ました。

ボーっとテレビのCMを見てるだけでも、
あっという間に五分は失います。

たった五分を自分自身の為に使うだけで、
誰でもチェンジザワールドを体感する事が出来ます。

 
この手帳術にも慣れて来た今では、
書き込めるスペースにも余裕ができて来たので、
先ほどの4項目とは別に、

  • 食べたご飯のメニュー
  • 読んだ本や、見た映画
  • 会った人
  • その日の仕事内容

も必ず記録しています。

書き込みの際には、一目でわかるように
行動によって色分けもしています。

緑は、食に関する事(メニューやお店)
赤は、イベント事(会った人、読了本、映画、行った場所)
青は、時事的なニュースや天気なども。

こうした日々の行動や出来事だけでも、
そのときの感情までが劇的に蘇ります。

知識や経験を『情報』に変換して、ブログで発信するようになる

暗記の方法

このような体験から、
僕は日々の出来事や、得た知識を生きた証の記録としてとどめるだけなく、
人に向けて『情報』としてブログで発信するようになりました。

情報といっても、大層なものではありません。
まずは身近なところから、
『この話、誰かがしったら、喜ぶかなぁ』というように、

伝えたい人物を思い浮かべたりすることで、
物事を情報として発信する意識がもてるようになりました。

最初は日々の記録として始めたブログも、
今では多くの人から、役にたつと言ってもらい、
情報としての価値を感じてもらえるようになったことで、
ブログへの訪問者が後を絶ちません。

特に、旅行ブログでは、ブログからの広告収入のおかげで、
さらにいろいろな場所へ旅行にいくことができ、
その体験をまたブログに書く事で、訪問者が増えるという、
とても有り難い思いをさせて頂いています。

 
あなたも自分が生きた証を残しつつ、
情報に変換して発信してみませんか?

 
ブログを書くだけで収入になるヒミツをこっそり教えています

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


ビジネスメール講座を無料で配信中!

多湖弘明

はじめの一歩

アフィリエイトとは?
自分の得意な事、好きな趣味などをブログやインターネットを使って発信し、広告収入を得てみませんか?特に難しい技術や知識はいりません。その方法を知っているか、知らないか。ただそれだけの差です。
実践して報酬を手にしよう!
こんなに簡単!広告収入の仕組みを解説します。実際にやってみてください。パソコンとインターネットがあれば、誰もが数万円のお小遣いならすぐ稼げます。一度限りの贅沢に使うか、継続した数万円の為に使うかは、自分次第。
チェンジザワールド!!
この先、このままでは不安。何かしなきゃと、わかってはいるけど、何もしていない。 何をしていいのか、わからない。 考えてるだけじゃなく、空いた時簡に収入を得れるように、今こそ、はじめの一歩を踏み出しましょう。

3件のコメント

  • 初めまして。
    3年手帳。
    初めて知りました。勉強になります。

    応援してます。ありがとうございました。

  • 岡田ひとみ

    4月始まりの3年手帳を探しても見つかりません
    主婦としても子供のことも書けるし
    仕事も4月から新しい期になるし

    • tako

      はじめまして。拝読していただきありありがとうございます。
      アマゾンで『高橋 三年手帳』『nolty 三年手帳』で検索してみてください。
      色も豊富にでてきますよ。色づいた日々を記して行きましょう^^。

コメントを残す